フランクフルト、九月

詩を読んでも全然理解できない僕だけど、パウル・ツェランの「フランクフルト、九月」を読んだ時だけは何かピンとくるものがあった。
「フランクフルト、九月」はパウル・ツェランの第六詩集「絲の太陽たち」(飯吉光夫訳、ビブロフ)に収録された詩の一編である。


淡色の髯をたくわえた、
盲目の移動式スクリーン、
このスクリーンを明るく照らす
コガネムシの夢。

このコガネムシの夢の背景に、悲嘆の網目写真として
うちひらかれるフロイトの額、

外で
沈黙したまま凝った涙が
析出する、以下の文句とともにーー

「心理
学はもう
これまで。」

模造の
烏が
朝食をしたためる。

喉頭閉塞音が
歌う。


正直何が何だか分からないけど、僕はこの詩の中にフランツ・カフカの印を少なくとも3つ見つけた。
だからこの詩はカフカについての詩なのではないかとピンときたわけである。
この詩集の末尾には「訳者あとがき」があり、それぞれの詩について短いコメントが付されているのだが、僕はクイズの答え合わせをするように「フランクフルト、九月」のコメントを読んだ。

業病で死んだフロイトの晩年のフィルムを前にして、精神分析学では解明できない人間の苦悩を描く。

残念ながらカフカのカの字もなかった。
だけどこの詩から僕がなぜカフカを連想したかを聞いてもらえれば、それも無理はないねと同情する気にはなっていただけるのではないか。
そんな期待を込めて書きたいと思います。

カフカの印①
コガネムシの夢」
僕はこの言葉からカフカの最も有名な小説「変身」を連想した。「変身」(高橋義孝訳、新潮文庫)の解説で有村隆広氏は主人公のグレゴール・ザムザが変身した虫について

カフカの描写からすると、これはどうやら巨大なむかでといったほうがふさわしいかも知れない。

と書いているが、小説の冒頭の描写を見てみると虫には次のような特徴がある。
1、アーチのようにふくらんだ褐色の腹
2、腹の上には横に幾本かの筋がついている
3、胴体の大きさにくらべてひどく細い足がたくさん

カフカの印②
「烏」(カラス)
カフカ短編集」(池内紀編訳、岩波文庫)の解説に

カフカ」はチェコ語のkavkaであり、それはカラスを意味している。

とある。

カフカの印③
喉頭閉塞音」
ポール・オースター著「空腹の技法」(柴田元幸/畔柳和代訳、新潮社)所収のエッセイ「カフカの手紙」に

カフカ喉頭結核を病んでいて、口をきくことも禁じられていた。食べるのもひどい苦痛となり、最後の方では病が進むあまり、文字どおり餓死に追いやられたのである。

とある。

「少なくとも3つ」と書いたのはカフカを意識すると「心理学」もカフカっぽく見えるし「歌う」から「歌姫ヨゼフィーネ」を連想するのはわけないなかである。

ちょっと長くなってしまったが、こういうわけです。